トップページ > 総領事館ニュース
所謂中国新エネ過剰生産論は敗者による嘘と茶番に過ぎない! ーー日本ー広東経済促進会第19回会議での挨拶
2024-06-18 16:33

尊敬する片山安孝兵庫県副知事、黄寧生広東省人民代表大会常務委員会副主任、ご友人の皆様:

こんにちは。日本ー広東経済促進会第19回会議に参加できることを、大変嬉しく思います。コロナ期間中はやむなく中断されていましたが、今回5年ぶりに再開されたことが、経済貿易交流を強化したいという双方の強い意志と確固たる決意を十分に示しています。中国駐大阪総領事館を代表し、謹んで本日の促進会開催のご成功を、心よりお祝い申し上げます。また、日頃より広東省‐兵庫県を含む中日両国の経済貿易協力にご支持・ご関心をお寄せくださっている各界の皆様に、心から敬意と感謝の意を表します。

中日両国は、互いに重要な隣国同士であり、ともに世界の主要経済国です。今、両国の経済貿易協力は、いくつかの困難に直面していますが、全体的長期的観点から見れば、中日協力には依然として明るい展望が開けています。昨年、習近平主席と岸田首相が両国の戦略的互恵関係を全面的に推進していくことを改めて確認し、今年は、李強総理と岸田首相が両国における各レベルの対話や意思疎通、及び各分野の実務協力を強化することで一致しました。今、中国経済は引き続き回復基調にあり、生産も堅実に拡大し、需要も持続的に回復、雇用や物価も全体的に安定しており、国際収支も均衡がとれ、モデルチェンジとアップグレードが進み、全体的に安定しています。今年5月の輸出入総額は前年同期比で8.6%増、1~5月の輸出入総額は前年同期比で6.3%増となりました。国際機関も、今年の中国経済の見通しを相次いで上方修正しています。7月に開催される中国共産党第20期中央委員会第3回全体会議では、改革の全面的深化の具体策が検討され、質の高い発展の実現に、さらなる方向性が示されるでしょう。

現在、中日両国の経済貿易協力には、構造的変化が起きつつあり、数多くの新たな発展のチャンスを迎えています。中国は今、新たな質の生産力発展を加速させ、人と自然の調和・共生を実現する中国式現代化を推進しています。新エネルギー車・リチウム電池・太陽光発電製品の「新三種」が、中国産業のモデルチェンジとアップグレードをリードする新戦力となっています。ここで、重ねて強調しておきますが、中国の新エネ分野に「過剰生産」問題は存在しません。いわゆる「過剰生産論」は、米国をはじめとする西側の保護主義者と新エネルギー産業競争の負け組らの嘘八百と自作自演する茶番に過ぎません。彼らの一部から見れば、社会主義の苗よりも、資本主義の草のほうがよっぽど良いようです。でたらめな調査や関税の強制は、国際経済貿易協力の空間を蚕食し、最終的にはその報いを自らが受けることになるだけで、中国の新たな質の生産力発展や中国式現代化の歩みを止めることなど全くできません。

広東省は中国第一の人口と経済大省であり、改革開放の先発隊、先行地、実験区、そして世界が注目する新産業、新たな科学技術イノベーションのパイオニアでもあります。ファーウェイ、DJI、BYDをはじめとする多数の先端ハイテク企業を輩出し、中国式現代化建設の大局、さらには世界経済の革新発展において重要な地位を占め、突出した役割を果たしています。ここ数年、広東省はチャンスを捉え、粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)の建設推進に力を入れています。「粤港澳大湾区発展計画要綱」の発表後5年余りで、大湾区の全体経済は3.2兆元増加し、2023年には14兆元を突破、中国で最も開放が進み、最も経済パワーを持つ地域の一つとなれたのは、広東省の突出した貢献によるところが大きいでしょう。5月26日に開通した大湾区の5つの都市をつなげる都市間鉄道と、今月末に開通予定の深圳市と中山市を結ぶ深中通道が、広東省の経済発展と繁栄の新たな翼となることでしょう。

広東省と日本には、強固な協力基盤があり、特に兵庫県とは1983年に友好省県関係を締結以降、経済貿易、観光、教育などの各分野において幅広く協力を展開し、実り多い成果を上げています。日本‐広東経済促進会は、双方の経済貿易交流協力の重要なプラットフォームとして、両地の生産・供給チェーンの融合や産業の優位性における相互補完の推進に、積極的な役割を果たしてきました。今回の会議は、グリーン・脱炭素をテーマにしたことで、時代とともに進み、変化を恐れず常に新しいものを取り込んでいく強大な生命力が示され、中日両国の経済貿易協力の新モデル模索の有益な試みにもなっています。兵庫県の皆様には、本日の活動を通じて、広東省発展の現状や見通しへの理解をより一層深めてもらい、機会があればぜひ、実際に広東省を訪れ、広東省という窓を通して、新時代の中国の発展や変化を理解しながら、双方の友好協力に新しい未来を切り拓いてくださることを願っています。

最後に、ご来賓の皆様のご健康とご活躍を祈願し、今回の促進会のご成功をお祈りいたします。ありがとうございました。


 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.gov.cn/jpn/